スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江川泰一朗「英文法解説」で文法を確認する~50才からのTOEIC対策⑥

和文英訳の修業 4訂新版」の例文500題は確かに選りすぐりのものでしょうが、特に文法的な解説はありません。
なので、自分で確認する必要があります。

例えば、有名な
 You shall want for nothing as long as I live.
 (わしの目の黒いうちはお前に何も不自由はさせない。)
という例文も、「shallが話し手の意思を表す」ことを知らないと理解できません。

あるいは、
 He is always finding fault with everything I do.
 (あいつは僕のすることに一々けちばかりつけやがる。)
という例文は、現在進行形なので
 He always finds fault with everything I do.
 (彼は私のすることにいつも文句を言う。)
という文と違って、感情的な表現であることも文法の知識がないと分かりません。

そのため私は、500題の例文の暗記と並行して、これも有名な受験参考書である江川泰一朗さんの「英文法解説」に目を通しました。

この本も高校時代に買ってましたが、大学受験後も売らずに今まで持っていたものです。
それを本棚の奥から引っ張り出してきました。

さて「英文法解説」を読んでみると、高校時代に英文法はかなり勉強したはずなのに、悲しいことですがあまり覚えていません。

仕方がないので、時制や仮定法などについては、かなり丁寧に勉強しなおしました。
あとは助動詞についても詳しく確認しました。
そんなこともあって、「和文英訳の修業 4訂新版」の例文500題の暗記には予想以上の時間がかかってしまった訳です。

なお、英文法の参考書は江川さんの本が定評がありますが、私の高校生の息子が使っていた「総合英語Forest 6th edition」という本も分かりやすいですよ。


■■ お勧めの本・教材  ■■


英文法解説英文法解説
(1991/06)
江川 泰一郎

商品詳細を見る


総合英語Forest 6th edition総合英語Forest 6th edition
(2009/12/04)
石黒 昭博

商品詳細を見る




トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。