スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斎藤兆史「英語達人塾」で骨太の英語学習法を学ぶ

斎藤兆史さんの「英語達人塾」は、最近良く見られる「楽に英語をマスターしよう」というコンセプトの英語学習書・教材の対極にある本です。

斎藤兆史さんの考え方が良く分かる文章を引用してみます。

-よく「英語でものを考える」とか「英語脳」とか軽々しく言うけれども、すべての論理的思考や情感的思念において母語と同程度に英語を操るなどそう簡単にできるものではない。

-肝心なのは普段から日本語でしっかりものを考える習慣をつけることである。その上で、日本語で考えたことをできるだけ早く英語に変換する訓練をすればよい。

-日本人にとっての英語は、やはりピアノやバレエと同じように、何年も何年も基礎的な訓練を積んではじめて習得できる技術なのである。

-何週間で身につく初歩的な会話力を「ペラペラ」と称するなら、たしかに「ペラペラ」になるのは不可能ではない。だが、そんな得体の知れない会話力が、日本人の目指す英語力なのだろうか

-英語達人とは、少なくとも読解力や作文力においては並の母語話者と同等以上の英語の使い手のことである。

この本を読んで、それまで感じていたもやもやが晴れてすっきりした感じがしました。

「英語で考えるようになるなんて、いつまでも出来ないや」と思ってましたので、「そんなこと出来なくて当然だ」と言われて、勇気付けられました。

あるいは英語をマスターするには、文法解析・多読・素読・辞書の活用・暗唱・丸暗記などの基本の積み重ねが不可欠だと断言されて、「自分の勉強法が間違っていない」と再確認できました。

実際の斎藤さんは面白い方のようで、前に放送大学の講座を観たときは、田村正和(古畑任三郎)の真似をしたりしてましたが、この本では骨太の英語学習法を丁寧に解説されています。

非常に参考になりますよ。

なかでも「斎藤秀三郎」さんの業績やエピソードには感動しました。
斎藤秀三郎は海外に一度も出たことがないにも関わらず、母語話者以上のレベルの英文法解説書(『実用英文典』何と1064ページあるそうです)をまとめたそうです。
ちょっと信じられないですね。

「英語達人塾」では、「この『実用英文典』の中で“for”と“because”をどのように解説してあるか」を紹介していますので、ちょっと引用してみます。

“Becaue” assigns a moral or physical cause.“For” assigns a logical reason.

The river has risen, because it has rained much of late.

It must have rained much of late, for the river is so high.

“for”と“because”の違いについて、こんな分かりやすい説明を読んだのは初めてです。
しかも海外に出たこともない、斎藤秀三郎がまとめたというのですから、本当に感嘆しますね。

他にも、「英語達人塾」には刺激的な話がたくさん紹介されています。
皆さんにも、是非この本を読んで英語学習法を考えて頂ければと思います。


■■ お勧めの本・教材 ■■

英語達人塾 極めるための独習法指南 (中公新書)英語達人塾 極めるための独習法指南 (中公新書)
(2003/06/24)
斎藤 兆史

商品詳細を見る


○ 英語に関する新書
○ 英語の基本を身につける本
○ 英文読解力を強化する本
○ 多読のためのお勧め本
○ お勧めの辞書
○ ビジネス英語の本

トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。