スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【TOEIC】Part7の攻略法

これも以前に一度書きましたが、TOEICのPart7の攻略法について、問題集には次のようなアドバイスが載っています。

 ●まず、タイトルと本文のレイアウトをざっと見て、趣旨を推測する。
 ●文書を読み込む前に、設問を読み、設問の中のキーワードを押さえる。
 ●キーワードと英文の段落構成を手がかりに、本文から答えとなる情報のある場所を探す。
 ●必要最低限のリーディングをし、早めに選択肢に戻る。

しかし私は、最終的にはこういう方法は採用しませんでした。
問題集で練習をした結果、「この方法では却って効率が悪くなる」と判断したからです。

私の場合の手順は次の通りです。

(ア)まず問題文の上に書かれている“Questions 161-163 refer to the following ....”の“....”の部分だけを見て、問題文のタイプを確認します。

(イ)問題文を読みます。出来る限り素早く読むことが必要です。
一語一語というより斜め読みです。
日本語で読む時のイメージで言うと、雑誌や新聞をざっと読むような感じで問題文を読みます。

(ウ)設問を解きます。問題文をだいたい理解していれば設問は簡単です。
必要な場合は問題文に戻って確認します。

私の考えではPart7は一番の得点源になると思います。
だって、日本語で書いてあったら、簡単に解けるような設問ばかりですから・・・。

Part5やPart6は、文法の知識が必要ですが、Part7はそれも関係ありません。
文章の意味を正しく掴めていれば、正解を出せます。

最大のポイントは、上記の(イ)です。どれだけ素早く問題文を読めるかです。
普段からの基礎力の蓄積と、TOEIC問題に慣れておくことが大事だと思います。

TOEIC用の問題集を使って、何度も練習することが最も有効な対策でしょう。
後は、自分の好きな英文をたくさん読むことです。
すべては積み重ねですね。

“Rome wasn't build in a day.”

“Slow but sure wins the race.”


■■ お勧めの本・教材 ■■

TOEICテスト 新・最強トリプル模試TOEICテスト 新・最強トリプル模試
(2006/04)
中村 紳一郎Susan Anderton

商品詳細を見る


TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試3TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試3
(2008/03/28)
中村 紳一郎Susan Anderton

商品詳細を見る



トップページへ>

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。