スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「3時間でマスター! 新TOEICテストの英単語」(その1)

小池直己さんの「3時間でマスター! 新TOEICテストの英単語」は、ソフトバンク新書の1冊です。

以前に本屋で見つけた時に「3時間でマスター!」というフレーズに魅かれて買ってありました。
ただ買いはしたものの、実際には全く使っていませんでした。

「単語力を強化しよう」と決心して、まずは本箱にしまってあったこの本を引っ張り出してきて暗記に取り組み始めました。

この本の特徴は二つです。
 ①TOEICに特化した単語集であること。
 ②語源別に単語を整理してあるので、十分にマスターすれば応用がきくこと。

①は「大学受験に必要な単語力とTOEIC受験に必要な単語力は異なる。TOEICのスコアアップのためにはそのための単語集をマスターしなければならない」ということです。

実際、例えばこの単語集にある、
 jurisdiction(司法権), incumbent(現職の), legitimate(合法の), colloquial(口語の)
とか、
 elocution(演説法), expedite(促進する),corruption(堕落)
なんて言う単語は見たことがありませんでしたね。

また、②の「語源を活用して単語を覚える」という点に関しては、「著者はしがき」にある次の例がわかりやすいです。

 ●inspect(検査する)  =in(内)  + spect(見る) → 中を見る
 ●prospect(見込み)  =pro(前)  + spect(見る) → 前を見る
 ●respect(尊敬する)  =re(後ろ)  + spect(見る) → 振り返って見る
 ●retrospect(回想する) =retro(後ろ)+ spect(見る) → 後ろを見る
 ●suspect(疑う)  =su(下)  + spect(見る) → 下から見る

こういう具合に単語を語源とセットでマスターすれば、知らない単語に出くわしても応用がきくということです。
確かにそうかもしれませんが、実際にそのレベルに到達するのはたいへんですね。

実際に私がどんな方法で暗記したかは、また次回に書きます。


■■ お勧めの本・教材 ■■

3時間でマスター!新TOEICテストの英単語 「語源」で覚える超効率的記憶術 (ソフトバンク新書 50)3時間でマスター!新TOEICテストの英単語 「語源」で覚える超効率的記憶術 (ソフトバンク新書 50)
(2007/10/16)
小池 直己

商品詳細を見る


○ 英単語強化のための本
○ 英語の基本を身につける本
○ 英文読解力を強化する本
○ 英語に関する新書
○ 多読のためのお勧め本
○ お勧めの辞書
○ ビジネス英語の本

トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。