スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手づくり英語発音道場」で対ネイティブ指数50を実現する

平澤正夫さんが「手づくり英語発音道場」で主張されていることは明快です。

『(普通の日本人が)バイリンガルになることはできない相談である。とすれば「少々妙な発音」で満足せざるを得ない。いや、ほとんどの日本人の英語発音はむしろ「英語とは聞こえないような発音」なので、「少々妙な発音」なら日本人離れしたスゴい発音であり、本書でもこのレベルを目指す。それが対ネイティブ指数50なのである』
ということです。

対ネイティブ指数50というのは、ネイティブの発音を100とした場合ですから、そのレベルの半分を目指そうということですね。

この本で平澤さんはそのための10箇条を提示されています。
それぞれ納得性のある解説がありますので、興味のある方は是非お読みになることをお勧めします。

ここではその10箇条の最初の条をご紹介してみますね。
最初に読んだ時にとても意外に感じましたので・・・・。

平澤さんによると日本人の発音の一番の問題は「あいまい母音」とのことです。
発音記号でいうと「ə」です。

日本人の発音の一番の問題点が、「r」と「l」でも「b」と「v」でもなくて、「ə」だというのが本当に意外ですね。

「ə」の発音はカタカナ表記では「ア」と表記するのが一般的ですが、それは誤りでむしろ「日本語のウに近い音」だそうです。

実際、これを裏付ける興味深いエピソードが、紹介されています。
これは、『日本人英語で大丈夫-たったふたつ直せば』という本の著者である村上雅人さんが、アメリカ留学中に経験したエピソードです。

『(村上さんが)留学のとき間借りしていたアメリカ人の家に小学生の女の子がいた。たまたまこの子が手紙をくれた。読んでみると、kundition という妙な単語に出くわした。前後関係から推して、これはcondition のまちがいとわかった。それにしても、小学生はなぜ condition を kundition と書き違えたのか。condition の発音のなかの 「ə」 が、日本語のウに近くて、小学生は ku と書いてしまったのじゃないか。ここで初めて、「ə」の発音がウに近いこと、したがって condition を「こんでぃしょん」というひらがなイングリッシュが間違いであるのを知った。この経験に学んで、村上さんはそれ以後「ə」というあいまい母音をすべて「ウ」と発音したところ、ネイティブの友人や仲間から「英語の発音がよくなった」とほめられた。』


私もこの本を読んでから「ə」の発音を意識して聴くようにしてますが、もともとあいまい母音なので、実際には前後の音によって色んな音に聞こえるというのが正しい認識だと今は思ってます。
しかし、少なくとも「ə」を機械的に「ア」に近い音で発音することは間違いだということは確かだと言えますね。

この本には他にも英語の発音に関する面白いエピソードが満載です。
日本人の英語発音の癖を知るためには、とても役に立つ本ですよ。


■■ お勧めの本・教材 ■■

手づくり英語発音道場 対ネイティブ指数50をめざす (平凡社新書)手づくり英語発音道場 対ネイティブ指数50をめざす (平凡社新書)
(2003/12/19)
平澤 正夫

商品詳細を見る


○ 英語に関する新書
○ 英語の基本を身につける本
○ 英文読解力を強化する本
○ 多読のためのお勧め本
○ お勧めの辞書
○ ビジネス英語の本

トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。