スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マーク・ピーターセン「日本人の英語」は関係代名詞の解説も明快

(ア) The Nobel Prize which I received last year was a great honor.

(イ) The Nobel Prize, which I received last year, was a great honor.

関係代名詞の限定的用法と非限定的用法の違いです。

「私が去年受賞したノーベル賞はとても光栄でした」という意味を表すのに適切な英文は、もちろん(イ)です。
ただ、それを間違えて(ア)で表現した場合に、どんな意味・ニュアンスになるかを理解することが大事ですね。

マーク・ピーターセンさんの「日本人の英語 (岩波新書)」での解説は明快です。
(ア)の表現では、去年受賞したノーベル賞は初めてではなく、自分は前にも受賞したことがあるということになります。

ここまでは、私たちにも理解できますね。

ただその先があって、(ア)の表現の場合、英語のニュアンスとしては「前に受賞したやつはともかく、今度の場合は光栄です」というひびきもあるとのことです。
こうなると、普通の日本人には理解しにくいですね。


日本人が書く英文の問題点として、関係節の先行詞問題も取り上げられています。

例えば、

The number of mirrors is usually two, which are positioned to face in opposite directions.
(鏡の数は普通二つであり、それは向かい合わせに置いてある。)

という文の場合、文法的には“which”の先行詞は“two”になってしまい、意味不明な文になっています。

これを直すには、

The number of mirrors is usually two, and they are positioned to face in opposite directions.

とすれば良いということになります。
明快ですが、日本人の感覚ではつい関係代名詞を使いたくなりますね。


他にも、日本人の書いた英語には“Especially,.....”という表現が多い(「特に・・・」のつもり)が、「そんな英文はない」とかの、英語と日本語の表現方法の違いを気づかせてくれる話題もたくさんあります。

読めば、必ず得ることが多い本だと思います。


■■ お勧めの本・教材 ■■

日本人の英語 (岩波新書)日本人の英語 (岩波新書)
(1988/04)
マーク ピーターセン

商品詳細を見る


続・日本人の英語 (岩波新書)続・日本人の英語 (岩波新書)
(1990/09)
マーク ピーターセン

商品詳細を見る



トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。