スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「英語達人読本」のピーター・バラカンさんの朗読は素晴らしい

CD付き 英語達人読本」の付属CDには、取り上げられた全英文の、ネイティブの方による朗読が収録されています。

朗読を担当しているのは、ロンドン出身で日本語も堪能なピーター・バラカンさんと、カナダ出身の女性の
クリスティーナ・ラフィンさんです。
ピーター・バラカンさんはテレビでもお馴染みですね。

この朗読が素晴らしいです。

私は約半年の間、毎朝の通勤時に聞いてました。
少なくとも100回以上は聞いたことになりますし、今でもいくつかは耳に残っています。

ピーター・バラカンさんの声には力があるので、劇的な場面の朗読が特に印象に残っています。
例えば、
・英詩の朗読(ウォルト・ホイットマン、ロバート・フロスト)
・可哀想な「オリバー・トゥイスト」(“Please, Sir, I want some more.”というフレーズは忘れられません)
・利休の最期(岡倉覚三『茶の本』)
・グレート・ギャツビーの最後(ニックがギャツビー邸を眺め、物思いに耽る場面)
などは、今でも耳に残っています。


クリスティーナ・ラフィンさんは、カナダのブリティッシュ・コロンビア州出身で、東京大学大学院で日本古典文学を修められた方だそうです。
女性らしい朗読で、繊細な場面の朗読が特に印象に残ります。

なかでも、前回に引用したレイモンド・カーヴァーの、「ささやかだけれど、役に立つこと」の朗読は素晴らしいですよ。
「交通事故で子供を亡くしたばかりの夫婦を、最初は誤解があって嫌がらせをしていたパン職人が、自分で焼いたパンを食べさせながら励ます。」という、微妙なシチュエーションの双方の感情がラフィンさんの声から伝わってきます。

他には、アガサ・クリスティの自伝の朗読もいいですよ。
私は、このクリスティの自伝の朗読を最初に聞いた時に、ほとんど全部を聞き取れましたし理解もできました。
英文自体が平明なので、耳から聞いても理解し易いのだと思います。

少し引用してみます。

-Agatha Christie, An Autobiography(1977)
And then one day the next stage of life happens. Suddenly it is no longer ‘This is Mathew going down stairs’. Suddenly it has become I am going down stairs. The achievement of ‘I’ is the first step in the progress of a personal life.

このCDを聞いて、英語の美しいリズムと音色を味わうことも、この本の楽しみですよ。

<appendix>(上の英文の日本語訳) 
 そして、ある日、人生が次の場面になる。突然、「マシューが階段を下りるよ」でなくなるのだ。突然、僕が階段を下りる、となる。「私」の獲得は、個人の人生を送る上での最初の一歩である。



■■ お勧めの本・教材 ■■

CD付き 英語達人読本CD付き 英語達人読本
(2004/09/25)
斎藤 兆史上岡 伸雄

商品詳細を見る



トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。