スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「英語達人読本」で多様な英文を味わう

CD付き 英語達人読本」の一番の特徴は、収められている英文が多様なことです。
ラルフ・ウォルド・エマソンの「自然」から始まって、19世紀から現代までの英文が28編選ばれています。

ですから、この本を1冊読むだけで、味わいの違う英語の名文を、効率的に学ぶことができます。

チャールズ・ディケンズ、マーク・トウェイン、オスカー・ワイルド等の、19世紀の有名な作家の英文を読むのは初めてでしたが、さすがにどれも心に残る素晴らしい英文だと感じました。

例えばディケンズの「オリヴァー・トゥイスト」では、「可哀想なオリヴァーが養育院でお粥のおかわりをねだる」有名な場面が収録されていますが、‘Please, sir, I want some more’という台詞は今でも忘れられません。

少し引用してみましょう。

-Charles Dickens, Oliver Twist
He rose from the table, and advancing to the master, basin and spoon in hand, said: somewhat alarmed at his own temerity:
 ‘Please, sir, I want some more.’
 The master was a fat, healthy man; but he turned very pale. He gazed in stupefied astonishment on the small rebel for some seconds, and then clung for support to the copper. The assistants were paralysed with wonder; the boys with fear.
 ‘What!’ said the master at length, in a faint voice.
 ‘Please, sir,’replied Oliver,‘I want some more.’
 The master aimed a blow at Oliver's head with the ladle; pinioed him in his armes; and shrieked aloud for the beadle.


また、レイモンド・カーヴァー、ポール・オースター、カズオ・イシグロなどの最近の作家の英文は、やはりいくぶん読みやすいと感じました。

また変わったところでは、日本人の書いた英文も収められています。
新渡戸稲造、岡倉覚三、鈴木大拙が書いた英文ですが、この本を読まなければ絶対に出会っていない文章です。
「こんな英語を書ける日本人がいたのか・・・」と、本当に驚きました。

著者前書きによると、最近は著作権の扱いが非常に厳格になっているので、この本を出版するためにはさまざまな困難があったとのことですが、そのお陰で読者は多様な英文を味わうことが出来る訳ですね。

また、収められている作家や作品の簡潔な紹介文も収録されていますので、英米文学の基礎知識も身につきます。
自分にとってプラスになることの多い本です。強くお勧めできますよ。

<appendix>(上の英文の日本語訳)
彼は食卓から立ち上がり、お椀とスプーンを手にして院長の前に歩み出ると、自らの大胆な行動に半ば驚きながらこういった。
「おねがいします、おかわりを下さい。」
院長は丸々と太った健康な男だったが、その顔が真っ青になった。彼はしばし呆然自失の面持ちで目の前の反逆児を見つめ、それかた銅釜にしがみついた。手伝いの者たちは驚きのために固まり、子供たちは恐怖のために固まった。
「何だと!」ようやく院長は弱々しい声で言った。
「おねがいします」オリヴァーは答えた。「おかわりを下さい」
院長はオリヴァーの頭めがけてお玉を振り上げたかと思うと、次にその頭を脇に抱え、甲高い声で教区吏員を呼んだ。



■■ お勧めの本・教材 ■■

CD付き 英語達人読本CD付き 英語達人読本
(2004/09/25)
斎藤 兆史上岡 伸雄

商品詳細を見る



トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。