スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朝はリスニングで夜はリーディング~通勤時間の活用

私の場合、自宅から職場まで約1時間半かかります。

「英語力強化のためには、この時間を有効に使うことが大事だ。」と考えて色々試しましたが、結局、今は朝は英語の聞き流し、夜は英語の読み物に充てています。

朝は電車は混んでいるし、新聞も読まなければいけないので、できることは耳を鍛えることだけです。
英語のCDをダビングしたテープを、ウォークマンで聴き放しにしています。

iPODをそのうち買おうかとも思ってますが、今のところはテープで十分です。
聴いているだけでも英語のリズムには慣れますから、継続すれば耳を鍛える効果は確実にあります。

経験的に言うと、効果を上げるコツは、同じテープを擦り切れるぐらいまで聞き続けることだと思います。
次々と教材を変えても、耳には定着しません。

ただ夜はテープは聴きません。
そういうことを試した時期もありますが、疲れている時に英語を聴くのは鬱陶しいのでやめました。

その代わりに、帰りの通勤電車内では、英語の雑誌とかペーパーバックとかの読み物を読むようにしています。
もちろん、例えば松井の記事に魅かれて夕刊フジを買ったりする日もありますが、できるだけ英語を読むようにしています。

最近は「TIME」を読むことが多いです。
定期購読をすると、すごく安いですね。、
毎週送られてくるので、少しでも目を通すようにしています。

「TIME」を読む時は、まず最初に雑誌全体をパラパラとめくって、面白そうな記事をチェックします。
その後、面白そうな記事だけを読みます。
この時は辞書は引きません。

結構、面白い記事が多いですよ。
この前は、映画「incepton」の紹介記事がありました。
この映画を見て非常に深い印象を受けた後だったので、知らない単語があっても記事の雰囲気は分ります。

少し前(8/2号)では、日本の事が特集記事で取り上げられていました。
“Japan's tough climb”という見出し通りの、日本に関する悲観的な見通しの記事がメインです。

ただ、「アメリカの雑誌の良いところだな」と思うのは、別の見方もちゃんと提示しているところです。
この号でも、悲観的なメインの記事に続いて“Crisis? What crisis?”と題した記事が載っています。
要は「危機というけど、今の日本の実情を見ると、危機を心配している暗い国には見えない」という趣旨の記事です。

記事の最初の部分は、こんな感じです。

“Pity poor Japan. The lost decade has now turned into two. The country is gripped by self-doubt. And
yet is it all really so grim?
Japan certainly has it tough economically. The government debt burden is disconcertingly heavy.
・・・・・・・
But when you look at what the country is doing right, it is no longer seems like a place wallowing in crisis - just one that's decided to go its own way”

こういう記事も、だいたい読めますし趣旨も分りますよ。
本来は2回読んで、2回目は辞書を引けば良いのだろうと思いますが、実行するのはなかなか難しいですね。

帰りの電車内では、その他に、好きな村上春樹の作品の英訳本を読んだりしています。
自分の好きな作品ですので、多少単語が分からなくてもだいたいは読めますね。

Kafka on the Shore”(「海辺のカフカ」)は日本語でも感動しましたが、英語で読んでもほぼ同じ感動を味わいました。
今は“What I Talk About When I Talk About Running”を読んでます。




トップページへ>

(注:この記事は8/20に加筆訂正したものです。)


テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。