スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジーニアス英和辞典

英語の勉強には、当然ながら辞書が大事です。

私は、学生時代は研究社の新英和中辞典 [第7版] 並装を使っていましたが、英語の勉強を再開してからジーニアス英和辞典を買いました。

元々は、当時通っていた図書館にこの辞書が置いてあったので使ってみたのですが、使っているうちにとても優れた辞書だと分かったので自分でも買った次第です。

ジーニアス英和辞典は、特に語法や文法の解説が充実しています。
この辞書を十分に使いこなせば、文法の参考書は殆ど不要ではないかとも思います。

例えば、「和文英訳の修行の暗唱用例文」の中で、不定詞の用法に関する次の例文が紹介されています。

■例文239: And when is the funeral to be?
        (で葬式はいつの予定なのですか)

■例文240: John, according to his father's plan, was to be a painist.
       (ジョンは父親の計画ではピアニストになるところだった。)

■例文241: She was to have accompanied me, but at the last minute she changed her mind and decided to
       stay on at the hotel.
       (彼女は私についてくるはずだったが、いざとなって気が変り、そのままホテルに滞在を続ける
        ことにきめた。)

■例文243: What on earth are we to do?
       (いったいおれたちはどうしたらいいんだ)


この用法に対して、元々私が持っていた辞書で“be”を調べると、は次のような解説があります。
*******************************************
[be+to付き不定詞]《予定・命令・義務・運命・可能など》
・・・することになっている。・・・するはず。・・・すべきだ。


後は例文が載っているだけです。
*******************************************

それに対して、ジーニアス英和辞典の解説はこんな風です。
*******************************************
[be to do]《述語動詞の時点からみた未来の動作を表す》
a[予定]・・・することになっている。《完了不定詞は実現しなかったことを述べる》
b[義務]・・・すべきだ
c[可能][通例否定文で]・・・できる
d[運命]・・・する運命になっている
e[意図][条件節で]・・・したいと思うなら
f[目的]・・・するためのものだ


それぞれについてもちろん例文が載っています。
*******************************************

こういう風に解説が充実しているので、わざわざ文法書を見なくても、ジーニアス英和辞典を読んだだけで、上記の例文に関する疑問は全部解決しました。

また各ページの仕立ても良くて見やすくできているのも、ジーニアス英和辞典の良い点です。

ただ、研究社の辞書も相変わらず立派だと思ってます。
要は自分が使いやすいかどうかだけですね。

ちなみに行方昭夫さんは、「わが国の辞書はどれも良くできている。どれでも良いので辞書を使いこなすことが大事だ」という趣旨の発言をされています。

まったくその通りだと思います。


■■ お勧めの本・教材 ■■

ジーニアス英和辞典ジーニアス英和辞典
(2006/12)
不明

商品詳細を見る


新英和中辞典 [第7版] 並装新英和中辞典 [第7版] 並装
(2003/04/05)
竹林 滋、

商品詳細を見る




トップページへ>


テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。