スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高得点だったが実力はそんなに無い~最初のTOEIC受験を終えて

2008年の3月から英語学習に取り組み始めて、このブログに書いてきたような勉強法を続け、その年の7月末に最初のTOEICを受けました。

結果は875点です(リスニング445、リーディング430)。

もちろん受験にあたっては、今まで何回かに分けて書いてきたようなテクニックや準備を最大限に実行しました。
時系列でまとめるとこんな感じです。

【受験の前々日(金曜日)~当日の午前まで】
模擬試験を解いて、耳と身体と反射神経をTOEIC試験に慣らします。
私は前々日(金曜日)に1回分、前日(土曜日)に4回分、当日(日曜日)午前中に1回分の模擬試験を解きました。

模擬試験を解く時は、できるだけ本番環境に近づけます。
回答用紙も、問題集についてるのはA5サイズですが、A4に拡大コピーしたものを使います。

「Part3とPart4での先読みの実践」や「Part1とPart2のDirectionsの間はPart5の文法問題を解くこと」・「リーディング問題は、Part7→Part6→Part5の順番で解くこと」も本番と同じようにやってみます。

何より大事なことは「時間内に最後まで回答できる」という自信を持つことだと思います。
なお、受験の準備として「先の丸い鉛筆を十分な数だけ用意すること」も欠かせません。

【試験開始からPart1とPart2まで】
Part1とPart2のDirectionsの間は、Part5の文法問題を解きます。できれば4~5問ぐらい解いておきたいですね。
問題の放送が始まったら後はひたすら集中するだけです。

【Part3からPart4まで】
Part2を終えたら直ちにPart3の先読みに移ります。
Part3のDirectionsの時間もあるので、2問ぐらいは先読みできます。

その後は全神経を放送に集中して、リスニングで50%ぐらいの理解度を目指します。
そのぐらい放送が理解できれば、設問の回答もあまり悩まずに済みます。

答えの分からない設問は、直感も使ってどんどん回答します。
1秒も無駄にしないように、マークシートの回答欄には縦棒を引くだけにしておいて、先読みに時間を回します。

【Part4終了から試験終了まで】
まずは、Part3からPart4のマークシートの回答欄を塗りつぶします。
だいたい1分30秒ぐらいで終わります。

その後は、最初にPart7に取り組みます。
早読みが何といっても大事です。自分なりに最大限のスピードで読みます。
前々日から当日午前まで、模擬試験に取り組んだ効果を発揮する局面ですね。
できればPart7を50分ぐらいで終えるのが目標になります。

もしもそれを超えたら、仕方がないのでPart5で調節します。
Part5は問題を急げば1問20秒ぐらいで回答できると思います。
これも直前の模擬試験を使った練習が大事です。

ざっとこんな感じで本番に臨みました。

試験後の感想としては、Part3とPart4のリスニング問題が思っていたより長めだと感じましたが、他はほぼ問題集と似たようなものだと思いました。

時間配分についても、ほぼ練習どおりです。
Part5の回答をとにかく急いだせいか、全部を回答してもまだ2分ぐらい残ってしまい、最後は時間を持て余しましたぐらいです。

点数もだいたい目標どおりでした。
今、その時のスコアカードを確認してみると、リスニングセクションでは「長めの会話、アナウンス、ナレーションなど」に関するスコアが低いです。80前後です。
また、リーディングセクションでは「語彙が理解できる」という項目のスコアが特に悪く、平均を少し上回る程度しか取れていませんね。

結局、875という点数は、自分の実力に比べかなり底上げになっていたということです。
TOEICに特化した勉強をした成果で、だいたい100点~150点ぐらいは、自分の実力以上のスコアになっていると分かっていました。

そこで次に考えたことは、この点にふさわしい本当の英語力を身につけようということです。
本当のリスニング力、リーディング力、そして最終的には英語で仕事ができる力をつけたいと考え、それを次の目標とし取り組みました。

その後の取り組みで、だいぶ自分の目標に近づいたように思います。
初回のブログに書いたように、今年の1月に受験したTOEICのスコアは950まで上がりました。
このスコアに関しても底上げはありますが、一方で、自分の実力がかなりついたという実感も持っています。

明日からは、この間、どんな勉強法が効果的だったかを書きます。


■■ お勧めの本・教材 ■■


TOEICテスト 新・最強トリプル模試TOEICテスト 新・最強トリプル模試
(2006/04)
中村 紳一郎Susan Anderton

商品詳細を見る


TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試3TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試3
(2008/03/28)
中村 紳一郎Susan Anderton

商品詳細を見る



トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。