スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーディング問題は余裕時間を活用する~TOEIC攻略のコツ②

リーディング問題に関しては、試験中の余裕時間を最大限に活用することが得点アップの秘訣です。

リーディング問題は時間との戦いです。
Part7の問題も、時間さえあればそんなに難しい内容の英文ではありません。
しかし時間に追われてしまうと、最後は問題文を読む時間がとれず、ほとんど勘で答えることしかできなくなります。

従って、どう時間を確保するかが最大のポイントです。

私は、Part1とPart2の最初に放送される説明(Directions)の間は、Part5の文法問題を解くことにしました。

問題の形式は問題集で判っているので、Directionsを聞く必要はありません。
おそらくPart1とPart2の両方を合わせると、この時間は2~3分程度あります。

無為に過ごすのは勿体ないですね。
この間にPart5の問題ならば、4~5問ぐらい解けます。

なお、Part3とPart4の前のDirectionsの時間は、前回書いたように「先読み」に使います。

それから、上に書いた行為(Part1とPart2の説明時間にPart5の文法問題を解くこと)が禁止されているかどうかは知りません。

禁止事項にはなっていないので大丈夫のはずですし、実際、注意されることもありませんでした。


■■ お勧めの本・教材 ■■


TOEICテスト 新・最強トリプル模試TOEICテスト 新・最強トリプル模試
(2006/04)
中村 紳一郎Susan Anderton

商品詳細を見る


TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試3TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試3
(2008/03/28)
中村 紳一郎Susan Anderton

商品詳細を見る



トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。