スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リスニング問題は先読みがカギ~TOEIC攻略のコツ①

リスニング問題に関しては、先読みを実践することが攻略のカギになります。

リスニング問題のうち、まずPart1とPart2の問題は先読みはできません。
ただPart1・Part2とも耳を慣らしておけば、そんなに難しい問題ではありません。

最初はあまり出来ませんが、問題集を使って、何度も聞いて耳を慣らすことでだんだん分かるようになりますよ。
Part1とPart2は繰り返し練習すれば、点数は必ず上がってきます。

しかしPart3とPart4は、単に練習するだけでは点数の向上に限界があります。

「ぐっと集中」して耳を澄ましていくら聞いても、会話(Part3)やShort Talk(Part4)の内容は、なかなか理解できるようにはなりません。
「テーマが何か?」・「何について話しているか?」が、かすかに分かるころにはその問題の放送は終わっています。

しかし問題の放送が始まる前に、一つでも良いから4択の設問に目を通すことで、「何について話しているか?」を
推測しやすくなります。

問題文の放送の理解度が、例えば先読みをしない場合を20%とすれば、先読みをすることで50%ぐらいまで上がります。
またPart3とPart4の設問は勘で答える部分も相当ありますが、その正答率も上がってきます。

先読みを行うためには、当然ながら前の問題を早めに終えることが必要になります。
分からない時もいつまでも悩んでいないで、次の問題の設問に目を移すことが非常に大事です。

一旦、先読みを怠ると、
 問題が解けずに時間がかかる → 次も先読みできない
という悪循環に陥ってしまいます。

なお、先読みについて、「具体的な内容を尋ねている設問を読むようにしましょう」とか、参考書には書いてありますが、私の場合はそんな余裕はありませんでした。

「ともかく次の問題の最初の設問に目を通す」という方針で先読みをしました。
それでも十分に効果がありますよ。

また、先読みに関してはもう一つコツがあります。
それは、「Part3とPart4に関しては、マークシートの塗りつぶしは後で行う。」ということです。

「マークシートの塗りつぶし」は結構時間がかかります。
先読みをするためには1秒といえども、無駄にはできません。

そこでPart3とPart4では、「マークは縦棒を引くだけにしておいて、塗りつぶしはPart4が終わってからまとめて行う。」のが、時間を有効に活用する秘訣ですよ。

マークシートを塗りつぶす時間を節約するためには、鉛筆も大事ですね。
あまり尖っていない、先の丸まった鉛筆を用意することも必須だと思います。

なお、100円ショップに行くとマークシート用の先が平らなシャープペンシルを売っています。
私も買いましたが、実際には使いづらいです。
先の丸い鉛筆が一番ですよ。


■■ お勧めの本・教材 ■■



TOEICテスト 新・最強トリプル模試TOEICテスト 新・最強トリプル模試
(2006/04)
中村 紳一郎Susan Anderton

商品詳細を見る


TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試3TOEIC(R)テスト新・最強トリプル模試3
(2008/03/28)
中村 紳一郎Susan Anderton

商品詳細を見る



トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。