スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「村上式シンプル英語勉強法」で単語力の重要性を再認識する

「村上式シンプル英語勉強法」で著者の村上さんが特に強調されていることが二つあります。

 ①英語を読めるようになるには多読が必要。
  目標は単語数にして300万語。
  これは小説なら約30冊分、ノンフィクションなら約15冊分に相当する。

 ②英語はつまるところ単語力である。目標は1万語。


私がこの本を読んで特に刺激を受けたのは、②の「英語はつまるところ単語力である」と村上さんが断言されていることでした。

①の「多読の必要性」については、行方昭夫さんや斎藤兆史さんなども仰っていますし、私も実践していました。
今でも実践しています。
ただこの本では村上さんらしいユニークな読み方(「息継ぎをしない」とか・・)を、提唱されていますが、ここでは触れません。

しかし②の「単語力の重要性」に関しては、「やっぱりそうか」と深く感じるところがありました。

私は高校時代から「単語集を使って英単語をまとめて暗記する」ということが嫌いで、「英文を読みながら必要な単語を自然に覚える」という方針でやってきました。

ただ「そういうやり方では限界があるかな」と薄々感じていたころに、この本を読んだので「やっぱりそうか」と感じた訳です。

どんなに英語の構文に詳しくなったり、英文法をマスターしたり、耳を鍛えたりしても、肝心の英単語の意味がわからないと、英語は十分に理解できませんし使えません。
そういう当たり前のことを、この本で再認識しました。

村上さんの単語力強化の方法もまたユニークです。
「英単語は丸暗記するのではなくて眺めて覚える。しかも毎日1万語を眺める。」という方法です。

村上さんはこの方法を実践されたそうですが、実際にやるのは大変ですよ。

私も1万語レベルの「発信型英語10000語レベルスーパーボキャビル」という本を買って試してみましたが、「そんなこと(毎日1万語を眺める)なんて不可能だ」とすぐ諦めました。

「村上式シンプル英語勉強法」はとても軽やかなトーンで書かれていますが、著者の村上さんは実際にはものすごい努力家だと私は思います。


■■ お勧めの本・教材 ■■

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける
(2008/08/01)
村上 憲郎

商品詳細を見る


発信型英語10000語レベル スーパーボキャブラリービルディング(CD3枚付) (CD BOOK)発信型英語10000語レベル スーパーボキャブラリービルディング(CD3枚付) (CD BOOK)
(2008/11/19)
植田 一三

商品詳細を見る


○ 英語に関する新書
○ 英語の基本を身につける本
○ 英文読解力を強化する本
○ 多読のためのお勧め本
○ お勧めの辞書
○ ビジネス英語の本

トップページへ>
スポンサーサイト

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

「村上式シンプル英語勉強法」で実践的な英語力を知る

村上憲郎さんの「村上式シンプル英語勉強法」はベストセラーにもなりましたので、お読みになった方も多いと思います。

私も本屋で平積みになっているのを見てすぐに買いました。
薄い本なのであっという間に読めてしまいます。

著者の村上さんは「米Google副社長兼日本法人社長」ですから、この本を読むと「実際のビジネスの場で、しかも極めて高いポジションにいる方がどのように英語を使いこなしているか」がわかります。

面白い話はいっぱいありますよ。

例えば、
①「R」と「L」の違いなんか気にしなくて構わない。相手が判断してくれる。
 発音だけに縛られて、話が出来なくなる、言葉が出てこなくなるのでは本末転倒で大きなマイナスである。

②日本人には英作文は無理である。あきらめて「英借文」するしかない。
 「英語を書く」場面で大事なのは、むしろタイピング(ブラインドタッチ)である。

③英語を読んでいるときに、知らない形容詞があったら「good」か「bad」に変換してしまえばよい。

④日常英会話は5パターンしかない。
とかですね。

私もこの本を読んで刺激を受けたので、ブラインドタッチをマスターしました。
また、「日本人に英作文は無理」と断言されているのを読んで、本当に気が楽になりました。

ただ、この本を貫く村上さんの「志」はとても高いです。
例えば、「英語を読めるようになる」ことのイメージについて、こう仰います。

「東京から大阪まで出張したとします。新幹線の中で『ニューズウイーク』を読みました。新大阪駅について、読み終えた『ニューズウイーク』をゴミ箱に捨てました。エスカレータに乗ってしばらくして、「あれ、さっき読んでた『ニューズウイーク』、日本語版だったけ、英語版だったけ? と思い出せなくなる・・・そのレベルに到達することです。」

こういう高い志を持って着実に努力を積み重ねられたので、現在の村上さんの地位があるのだと思います。

見習いたいものですね。



■■ お勧めの本・教材 ■■

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける
(2008/08/01)
村上 憲郎

商品詳細を見る


○ 英語に関する新書
○ 英語の基本を身につける本
○ 英文読解力を強化する本
○ 多読のためのお勧め本
○ お勧めの辞書
○ ビジネス英語の本

トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

斎藤兆史「英語達人塾」で骨太の英語学習法を学ぶ

斎藤兆史さんの「英語達人塾」は、最近良く見られる「楽に英語をマスターしよう」というコンセプトの英語学習書・教材の対極にある本です。

斎藤兆史さんの考え方が良く分かる文章を引用してみます。

-よく「英語でものを考える」とか「英語脳」とか軽々しく言うけれども、すべての論理的思考や情感的思念において母語と同程度に英語を操るなどそう簡単にできるものではない。

-肝心なのは普段から日本語でしっかりものを考える習慣をつけることである。その上で、日本語で考えたことをできるだけ早く英語に変換する訓練をすればよい。

-日本人にとっての英語は、やはりピアノやバレエと同じように、何年も何年も基礎的な訓練を積んではじめて習得できる技術なのである。

-何週間で身につく初歩的な会話力を「ペラペラ」と称するなら、たしかに「ペラペラ」になるのは不可能ではない。だが、そんな得体の知れない会話力が、日本人の目指す英語力なのだろうか

-英語達人とは、少なくとも読解力や作文力においては並の母語話者と同等以上の英語の使い手のことである。

この本を読んで、それまで感じていたもやもやが晴れてすっきりした感じがしました。

「英語で考えるようになるなんて、いつまでも出来ないや」と思ってましたので、「そんなこと出来なくて当然だ」と言われて、勇気付けられました。

あるいは英語をマスターするには、文法解析・多読・素読・辞書の活用・暗唱・丸暗記などの基本の積み重ねが不可欠だと断言されて、「自分の勉強法が間違っていない」と再確認できました。

実際の斎藤さんは面白い方のようで、前に放送大学の講座を観たときは、田村正和(古畑任三郎)の真似をしたりしてましたが、この本では骨太の英語学習法を丁寧に解説されています。

非常に参考になりますよ。

なかでも「斎藤秀三郎」さんの業績やエピソードには感動しました。
斎藤秀三郎は海外に一度も出たことがないにも関わらず、母語話者以上のレベルの英文法解説書(『実用英文典』何と1064ページあるそうです)をまとめたそうです。
ちょっと信じられないですね。

「英語達人塾」では、「この『実用英文典』の中で“for”と“because”をどのように解説してあるか」を紹介していますので、ちょっと引用してみます。

“Becaue” assigns a moral or physical cause.“For” assigns a logical reason.

The river has risen, because it has rained much of late.

It must have rained much of late, for the river is so high.

“for”と“because”の違いについて、こんな分かりやすい説明を読んだのは初めてです。
しかも海外に出たこともない、斎藤秀三郎がまとめたというのですから、本当に感嘆しますね。

他にも、「英語達人塾」には刺激的な話がたくさん紹介されています。
皆さんにも、是非この本を読んで英語学習法を考えて頂ければと思います。


■■ お勧めの本・教材 ■■

英語達人塾 極めるための独習法指南 (中公新書)英語達人塾 極めるための独習法指南 (中公新書)
(2003/06/24)
斎藤 兆史

商品詳細を見る


○ 英語に関する新書
○ 英語の基本を身につける本
○ 英文読解力を強化する本
○ 多読のためのお勧め本
○ お勧めの辞書
○ ビジネス英語の本

トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

斎藤兆史「英語達人塾」で「長崎通詞」の勉強法を学ぶ

斎藤兆史さんの「英語達人塾」は、「過去の英語達人たちの英語勉強法を学ぶ」というコンセプトの本です。
著者の斎藤兆史さんは、以前にご紹介した「英語達人読本」の著者で東大教授でいらっしゃいます。

さて、この本を読むと「昔の日本人には、すごい人もいたもんだ」と素直に驚いてしまいますよ。

びっくりするようなエピソードが満載ですが、特に印象深いものをご紹介してみます。

まずは、第3章の「長崎通詞」の話には驚かされました。
鎖国時代の日本には、主にオランダ人や中国人との交渉事務を担当する「通詞」と呼ばれる人たちがいたそうです。だいたいは世襲制だったようですね。

この人たちの一部が幕末の時期に、主に国防上の理由から英語学習を命じられたそうですが、なんせ英語教材など何にもありません。
英語をオランダ語に訳した学術書などを使って勉強したようですが、それでも彼らの英語力はネイティブの人を驚かせるほど高かったとのことです。

実際、「幕末の英語担当通詞・森山栄之助は、彼がはじめて出会った英語の母語話者ラナルド・マクドナルドを驚嘆させるほど英語がうまく、黒船来航の際にも通訳として大活躍した」というエピソードが紹介されています。

「彼らはどんな方法でそんなに高い英語力を身につけたのか?」を知りたいですね。

「英語達人塾」によると、秘密は「素読」にあったということです。
これは漢文の素読と同じように、「意味や内容をあまり考えずに同じ文章を何度も音読する」ことです。
いわゆる「読書百選、意自ずから通ず」という原理ですね。

長崎通詞の家に生まれた子供は、5、6歳になるとオランダ語と英語の素読をやらされたそうです。
それが基礎となって極めて高い語学力が身についたということですね。

この本を読んだ時に、「素読というのは、国弘正雄さんが提唱される只管朗読とほぼ同じだ」と思いました。
英語の達人たちの勉強法には、やっぱり共通点が多いことが分かります。

英語に上達するための原理原則は、いつの時代でも変わらないということでしょうか。


■■ お勧めの本・教材 ■■

英語達人塾 極めるための独習法指南 (中公新書)英語達人塾 極めるための独習法指南 (中公新書)
(2003/06/24)
斎藤 兆史

商品詳細を見る


○ 英語に関する新書
○ 英語の基本を身につける本
○ 英文読解力を強化する本
○ 多読のためのお勧め本
○ お勧めの辞書
○ ビジネス英語の本

トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

「手づくり英語発音道場」で対ネイティブ指数50を実現する

平澤正夫さんが「手づくり英語発音道場」で主張されていることは明快です。

『(普通の日本人が)バイリンガルになることはできない相談である。とすれば「少々妙な発音」で満足せざるを得ない。いや、ほとんどの日本人の英語発音はむしろ「英語とは聞こえないような発音」なので、「少々妙な発音」なら日本人離れしたスゴい発音であり、本書でもこのレベルを目指す。それが対ネイティブ指数50なのである』
ということです。

対ネイティブ指数50というのは、ネイティブの発音を100とした場合ですから、そのレベルの半分を目指そうということですね。

この本で平澤さんはそのための10箇条を提示されています。
それぞれ納得性のある解説がありますので、興味のある方は是非お読みになることをお勧めします。

ここではその10箇条の最初の条をご紹介してみますね。
最初に読んだ時にとても意外に感じましたので・・・・。

平澤さんによると日本人の発音の一番の問題は「あいまい母音」とのことです。
発音記号でいうと「ə」です。

日本人の発音の一番の問題点が、「r」と「l」でも「b」と「v」でもなくて、「ə」だというのが本当に意外ですね。

「ə」の発音はカタカナ表記では「ア」と表記するのが一般的ですが、それは誤りでむしろ「日本語のウに近い音」だそうです。

実際、これを裏付ける興味深いエピソードが、紹介されています。
これは、『日本人英語で大丈夫-たったふたつ直せば』という本の著者である村上雅人さんが、アメリカ留学中に経験したエピソードです。

『(村上さんが)留学のとき間借りしていたアメリカ人の家に小学生の女の子がいた。たまたまこの子が手紙をくれた。読んでみると、kundition という妙な単語に出くわした。前後関係から推して、これはcondition のまちがいとわかった。それにしても、小学生はなぜ condition を kundition と書き違えたのか。condition の発音のなかの 「ə」 が、日本語のウに近くて、小学生は ku と書いてしまったのじゃないか。ここで初めて、「ə」の発音がウに近いこと、したがって condition を「こんでぃしょん」というひらがなイングリッシュが間違いであるのを知った。この経験に学んで、村上さんはそれ以後「ə」というあいまい母音をすべて「ウ」と発音したところ、ネイティブの友人や仲間から「英語の発音がよくなった」とほめられた。』


私もこの本を読んでから「ə」の発音を意識して聴くようにしてますが、もともとあいまい母音なので、実際には前後の音によって色んな音に聞こえるというのが正しい認識だと今は思ってます。
しかし、少なくとも「ə」を機械的に「ア」に近い音で発音することは間違いだということは確かだと言えますね。

この本には他にも英語の発音に関する面白いエピソードが満載です。
日本人の英語発音の癖を知るためには、とても役に立つ本ですよ。


■■ お勧めの本・教材 ■■

手づくり英語発音道場 対ネイティブ指数50をめざす (平凡社新書)手づくり英語発音道場 対ネイティブ指数50をめざす (平凡社新書)
(2003/12/19)
平澤 正夫

商品詳細を見る


○ 英語に関する新書
○ 英語の基本を身につける本
○ 英文読解力を強化する本
○ 多読のためのお勧め本
○ お勧めの辞書
○ ビジネス英語の本

トップページへ>

テーマ : 英語学習記録
ジャンル : 学問・文化・芸術

検索フォーム
メルマガの登録
聞き流し英語勉強法
プロフィール

高広 佳之

Author:高広 佳之
某金融機関に約30年勤務しています。お酒と映画と水泳が好きです。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
カウンター
管理人お勧めの教材
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。